海外旅行保険はあった方が良い

海外旅行に行くときには万が一のときのために海外旅行保険に入っていた方が安全です。日本国内で怪我をしたり病気になってしまったりしたときには医療費の3割以下の負担で済むようになっていますが、これは海外では通用しません。もともと海外では医療費が日本に比べても高い場合が多いため、旅行先で交通事故に遭ってしまったり、食べ物や水にあたってしまって酷い下痢に見舞われてしまったりすると高額の費用がかかってしまいます。時差のある地域の場合には特に体力的な負担が大きくて体調も崩しやすくなりがちです。万が一の事態に備えて海外旅行保険に入っておくのは安心して海外旅行に行けるようにするために重要なので忘れないようにしましょう。

クレジットカードでも十分

保険会社が提供している充実した海外旅行保険に加入しておくに越したことはありませんが、保険料がかさむのが気にかかる人もいるでしょう。そのような場合に役立つのがクレジットカードに付帯している海外旅行保険です。無料で発行できるクレジットカードでも傷病疾病程度のカバー尾をしてくれるようになっているので予め発行してから海外旅行に行くというのでも十分でしょう。ただし、カードによって保険を適用できる条件が異なり、海外旅行に行くための航空券やホテルの料金を払っているなど、海外旅行に関わる部分で使用していることが条件になっているものもあります。持っているだけで海外旅行保険になるクレジットカードもあるのでより便利に使えるでしょう。