風呂敷があれば、着替えを入れたり、バッグにも変身

風呂敷というと、なんとなく古臭い印象もありますが、最近では、おしゃれな和柄のモチーフのデザインも多く、若い女性にも人気があります。風呂敷のいいところは、広げてしまうと1枚の布なので、いろいろなものを包むことができるところです。 旅行バッグにいれてもかさばりません。風呂敷を何枚か持っていって、日程分の着替えや洗濯物をまとめたり、風呂敷の端を結んで、サブバッグとしても活用できます。近頃では、雑貨屋さんや、ネット情報などで、さまざまな風呂敷バッグの作り方が紹介されています。また、丸型や瓶など、さまざまな形に合わせて包むことができるので、お土産に地元のお酒などを買っていっても、風呂敷で包めば安心して持ち帰ることができます。

洗濯ネットを旅の服入れに。帰宅後そのまま洗濯可

洗濯ネットは、本来、家の洗濯で靴下を干しやすいように分別したり、デリケートな下着を洗うのに便利なアイテムです。そして、洗濯ネットは旅行にもっていくと、とても便利なのです。洗濯ネット自体は100円ショップで安く手に入れることができますし、デザインも下着専用のものから、洋服のか型くずれを防ぐおおきめのネットなど用途に合わせて様々な形のものを選ぶことができます。 まず、旅行の日数に合わせて用意した洋服や靴下、下着をそれぞれの洗濯ネットに入れます。宿泊先で着替えた時、前の日の洋服や下着を洗濯ネットにいれておき、旅行から帰ったら、そのまま洗濯機に入れてしまえばすぐに洗濯することができできるのです。旅行から帰って疲れている時に、洗濯物の分別をするのはとても大変ですので、旅行中から分別をしておけば、帰ってきてからの洗濯がとても楽になりますよ。